ファームジョブinオーストラリア 仕事探しの心得!

Working Holiday

こんにちは、黒豆(@i1wanna1go1home)です。

 

オーストラリアにワーキングホリデーをするって決めたとき、考えることはセカンドビザを取るためにはファームジョブをしなければならないということではありませんか?

 

1カ国で一生に一度しか使えないワーホリビザ、無駄にしたくないですよね。

 

セカンドビザを取得するには88日間ファームで働かなければなりません。

そして新しくできたサードビザに関しては6ヶ月間ファームで働いて取得することができます。

 

 

実際にファームの仕事を経験してみて分かったことは、仕事探しが思った以上に大変ということ。

ファームとか余裕っしょ!って高を括ると後で痛い目を見ることになるかも……

 

 

 

 

侮ることなかれ、ファームのウェイティング期間

 

農業の仕事と聞いてレストランやカフェなどのシティジョブに比べたら簡単にゲットできるって思っていませんか?

 

セカンドビザに必要な日数は88日間だから最後の3,4ヶ月だけファームジョブの期間に当てればいいやって思っていると、最悪の事態、日数が足りなくなり帰国を余儀なくされる可能性もあります。

 

 

ファームジョブに必要なのは英語力より経験

 

英語が話せるに越したことはもちろんありません。

オフィスにアプライをしにいった際、渡したレジュメにその人の英語力がどれくらいかを書かれることもあるので。

 

ですが、実際にファーム側が欲しているのは経験のある人

いくら早くから申し込んでも一度働いたことのある人を優先して取るので、どうしても初めてのファーム経験者は待ち時間が長くなってしまいます。

小さいファームだとそもそも人数が必要ないので門前払いを喰らうことも…

 

そしていくら体力に自信のある方でも、初めての作業だと結構体に応えるものです。

例えばブルーベリーのピッキングの仕事。

実が小さく軽いし簡単なので他に比べると楽と言われているブルーベリーのピッキングですが、最初の1週間は下半身の筋肉痛がヤバかったです。

というのも結構低いところにまで実が成っているので体を曲げて取らないといけないから。

立ったりしゃがんだりを繰り返しているうちに太ももがパンパンになっていましたね。

 

そして何より日差しの強さ。

夏になるとただ立っているだけでも汗がダラダラ。

体調を崩してしまうこともあるかもしれませんよね。

 

思っていたのと現実は違うということはたくさんあります。

自分の思ってもいないところでギブアップをしてしまい、また仕事探しをしなければならない可能性も視野に入れておいた方がいいのかもしれません。

 

 

 

大きいファームは安心だけど・・・

 

ファーム

 

とりあえず大きいファームにアプライすればハズレを引くことはないだろうとあまり調べずにいくと、大変なことになるので気をつけて!

 

Bowen(ボーエン)というクイーンズランド州の北の方の小さいけどファームが有名な町があり、そこにはRugby Farm(ラグビーファーム)というボーエンで1番(かな?)大きいファームがあります。

そこは工場の中でのパッキングの仕事なので、時給制で長時間働けるということでとても人気のファーム。

 

私の友達はそこでの仕事経験はなく、5月初旬にアプライしましたが実際に仕事をゲットできたのはなんと、7月中旬。

2ヶ月間、ただただ待っていたわけではなく何度もそのファームのオフィスに顔を出してはあいさつをしてを繰り返したものの、オフィスの人からは、今、500人待ちだからと言われ突き返されたらしいです。。。

 

 

初めてファームの仕事をしようとするならば必ずウェイティングすると思っていた方がいいです。

大抵の場合、仕事のアプライをした後、ファームから連絡が入ります。

それはインダクション(説明会)をするのでそれに参加しろということですが、そこで仕事がスタートするわけではありません。

インダクションでは個人情報の記入(連絡先、給料の振込先)だったり、施設の説明を受けるだけです。

その後また仕事が始まる日の連絡があるまで待ってというパターンが多いんじゃないかと。

私が働いたところは全てそんな感じでした。

 

ファーストビザの人たちは88日間のファームの仕事をしなければなりませんが、このウェイティングの期間も含めて余裕を持ってファームジョブを探してくださいね。

 

正直、そんな待ってられるか!!

という方もいらっしゃると思いますが、その人たちはぜひ次のことを意識してオーストラリアで生活してみてください。

 

 

 

ファーム探しはずばり、友達に頼れ!

 

結論から言いますと、ファームジョブに関してはファームジョブ経験者の友達からファームオーナー(もしくはスーパーバイザー)の連絡先をゲットするのが1番の近道です。

 

一般的な仕事のアプライ(申込み)の仕方だと、、

1. 無料エージェントに登録 / 手当たり次第直接ファームにアプライをする

2. 連絡が来るまで待つ(先程の私の友人はここで1ヶ月半待ち)

3. インダクション(説明会)を受ける

4. 仕事の連絡が来るまで待つ(先程の友達はここで2週間待ち)

5. 仕事ゲット

 

 

私の場合だと、、

1. ファーム経験者の友達にオーナーの連絡先を聞く

2. オーナーに電話

3. インダクションの日程を伝えられる

4. インダクションの翌日から仕事スタート(待つ可能性もあり)

 

というのもそのファーム経験者の友達とオーナーがとても仲が良かったみたいで、あいつの友達なら大歓迎だよ!と言われすぐに働くことができました。

友達が紹介するファームはもちろん優良ファーム。

友達にハズレのファームは紹介しませんよね。笑

 

もちろん友達の紹介だからといって必ずすぐ働けるわけではありません。

私も数え切れないほど断られ続けてきましたので。。。泣

 

実際に私が働いたところは聞いたことのないファームでしたが、ハウスメイトの韓国人の友達に言ったらめちゃくちゃ羨ましがられました。

最初に自分で情報を集めたことがこの結果につながったのかと。

 

にしても、どうやったらそんな友達を作れるんだろう?と思った方もいると思うので、私が実際にどのようにして情報収集をしたのか記事にしましたのでそちらもご確認ください。

ファームジョブinオーストラリア 仕事ゲットへの近道
...

 

 

 

まとめ

 

初めてのファームジョブは待って当たり前。

焦らず根気よくアプライしていきましょう。

 

初めてのファームジョブで私がどのようにしてたった10日間で優良ファームを見つけたか

ファームジョブinオーストラリア 仕事ゲットへの近道
...

 

 

タスマニアで見つけた仕事の紹介

タスマニア(デボンポート)で見つけた仕事の紹介
...

 

タスマニアの無料エージェント紹介

タスマニアで仕事を探す方法!無料エージェントの紹介
タスマニアには無料エージェントという無料で仕事を斡旋してくれるところが多くあるので仕事を探している人は使わないともったいない。今回はタスマニアのデボンポート付近での仕事探しに便利な無料エージェントの紹介です。

 

 

QLD州(クィーンズランド州)での仕事の体験談

 

スタンソープ編

 

【オーストラリア】ファームの町スタンソープ
...

 

ボーエン編

 

 

是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました